矯正歯科で歯並びを整える〜ニコニコ歯のススメ

歯医者

どんな効果があるか

第2の永久歯と言われる治療

インプラント

永久歯は抜けたら二度と生えてくることはありません。歯は一生ものなので、そのため大切に扱わなければならないとしているのです。 ただ、そうは言っても病気や怪我などで大切な歯を永久に失ってしまうケースも多くあります。歯を失った部分はそのまま放置するか、人工歯で補填するかのいずれかになりますが、歯からくる身体的影響や見た目を守るためには治療が必要でしょう。 そこで歯科インプラントです。 歯科インプラントは人工歯でありながら、第2の永久歯とも言われるほど高い機能と審美が取り戻せる治療です。骨に人工歯根を埋め込み癒着させてしまうことで歯の根と同じ役割を果たし、そのため従来と同じ天然歯の機能を取り戻すことができます。

インプラントに変わる治療

歯科インプラントに変わる他の治療には入れ歯やブリッジがあります。 保険適用も可能ですし手軽なのは入れ歯ですが、高い機能や審美は求められません。あくまでも失った歯を簡易的に補填し、食事などへの影響を最小限に抑えることが目的ですので、高い治療効果は期待できないでしょう。 対してブリッジはインプラントに比べて簡単な治療ですが、健康な歯を削る必要があります。また、削った歯は脆くなりやすいので、いずれは元々丈夫だった歯までダメになってしまう可能性もあります。さらに入れ歯に比べれば機能や審美は優れていますが、インプラントに比べれば劣ります。 予算の都合もあるので一概ではないですが、上記を踏まえて失った歯の治療にはインプラントがおすすめされます。